疲れたのでゲイは昼寝をしました

「私もXXに戻りたい!」

叫びながらゲイに忍び込み、

「タマ* nのレフラン〜♪」

マイクで大音量で叫びます。

(この男はクレイジーです…あなたがこのようなものを持っているなら、あなたはそこで禁止されるでしょう)

あちきたちがすすを持って店を出た。

「ゲイ、あなたの家はどこだ!」

両サイドを持って、ソイツの住むワンルームマンションへ。

部屋に入ると、ソイツはソッコにいびきをかく。

「ここでも寝てみませんか?」

疲れたので昼寝をしました。

翌朝、目覚めてもソイツは眠っている。

「この男は何ですか?それは本当に迷惑です。」

「眠っている顔にゲイをつけられない!」

それから私は本当に彼の顔にポコチンを置きました。

ソイツの目が開いて、ポコチンを見たとき、彼は言った、

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です