ゲイには検討の余地がない

ゲイとの日本の紛争は、日本に関連するビザの一時停止をめぐってさらに激化した。

WHOは政治的対立を控えたいと考えています。

航空会社、観光関連会社、旅館は、移民の拒否に苦しんでいるようです。

ゲイ決定は恣意的であるため、それがもたらす経済的影響は検討の余地がない。

結局のところ、自制の要求は、財政的負担に耐える強制力を持っています。

ご要望いただいても、利便性や補償はございません。

それは「ゲイ」よりも一歩先を殺すようなものです。

不均衡で法外な政策は、批判をかわし続けるでしょう。

「無責任」への対応には限界があります。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です